緑内障・白内障

白内障

  • 白内障とは?

    白内障の主な原因は加齢だといわれていますが、水晶体がにごることにより、眼が見えにくくなる病気です。水晶体はレンズの役割をしており、正常な水晶体はほぼ透明です。

    白内障

    水晶体がにごると光が十分に通らず、もやがかかったような見え方になります。
    水晶体のにごり方は患者さんによって異なるため、症状は様々ですが、かすんで見えたり、明るいところでまぶしくて見にくいなどの症状が出たら早めに御相談ください。

    白内障の治療

    白内障は、にごった水晶体を取り除き、代わりの人工水晶体の眼内レンズを挿入する治療を行ないます。眼内レンズには大きく分けて、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。
    単焦点眼内レンズは、ピントが合う距離を手元か遠くの1点を選ぶことになります。それ以外の距離にはピントが合わないため、視力を補う為にメガネが必要になります。
    多焦点眼内レンズはピントが合う距離が、手元と遠くの2つにピントが合うレンズです。若い頃のように、完璧に見えるものではありませんが、メガネを必要とする頻度は減らすことができます。
    しかし、このレンズはまだ保険適応になっておりません。詳しくは御相談下さい。

    ページトップへ

緑内障

  • 緑内障とは?

    緑内障は、視神経(見るために必要な神経)に異常がおきる病気です。
    加齢とともに発症し、日本人では40歳以上の20人に1人が緑内障であるとされています。
    緑内障にはさまざまなタイプがありますが、日本人は正常眼圧緑内障がもっとも多く、眼圧は正常なまま、だんだんと視神経に異常がおきるタイプの緑内障です。

    緑内障

    視神経に異常がおきると、見える範囲がだんだんと狭くなっていきます。
    普段は両方の目で物を見ているため、気づかないことがほとんどです。視野の周辺部から中心部へとだんだん見えにくくなります。そして、一度失われてしまった視野は元に戻ることはありません。

    緑内障の治療

    治療法は大きく分けて、薬物治療・レーザー治療・手術治療の3つがあります。
    多くの場合、薬物治療を行いますが、緑内障のタイプや重症度によって、レーザー治療や手術治療を行うことがあります。薬物治療の場合は、眼圧を下げるために主に点眼薬が処方されます。効きかたが異なる複数の点眼薬を組み合わせて処方します。

    ページトップへ

  • 川部幹子院長の目の健康教室
  • コスモスコンタクト
当院の予約について
当院は予約なしでも受診できますが、再診の方は予約をお取りすることも可能です。
はじめて受診される方は、直接おこしください。