子どもの目の病気

  • 弱視・斜視

    弱視・斜視

    通常物を見るときは、両眼の視線が向いて、真っすぐになります。
    これがうまくできず、左右の眼の視線が一致しないことを斜視といいます。斜視の場合、片方の眼で物を見てしまうことになりますので、使われないもう片方の眼の視力が育たず、弱視になる場合があります。
    視力は、だいたい4~5歳の時期に完成します。乳幼児の視力の発育段階に、何かの理由で網膜に刺激が加わらなかった場合、視力が育たない場合があります。
    目の動きや表情を見て、少しでも気になることがありましたら、早めに眼科医に御相談ください。

    ページトップへ

  • 近視・遠視

    近視・遠視

    近視は、一般的には遺伝的な要因が大きいとはいわれていますが、読書やゲーム、パソコンなど近くを見る作業を長時間続ける等の環境要因も視力に関係しているようです。
    視力のピント調節をしている筋肉をほぐす目薬などで視力が回復することもありますので、視力が低下しはじめたときには、早めに眼科医に御相談ください。
    小児で遠視の度が強い場合は、内斜視や弱視になる恐れがありますので、定期的に眼科を受診しましょう。

    ページトップへ

  • はやり目・プール熱・結膜炎

    はやり目・プール熱・結膜炎

    ウイルス感染などで、結膜(白目の部分)が充血し、目やにがたくさん出るような症状があります。また風邪に似たような症状も現れることがあります。
    別の細菌に感染している場合は、視力に影響が残る場合もありますので、症状が出たら早めに眼科医に御相談してください。
    結膜炎のなかには、他の人に感染するものもあるので、治療がすむまでは幼稚園や学校は休ませます。よく手を洗い、タオルなども家族とは別のものを使用したりして感染予防につとめましょう。

    ページトップへ

  • ものもらい・逆まつげ

    ものもらい・逆まつげ

    ものもらいはまぶたが赤く腫れて痛みがでます。汗腺(汗がでるところ)に細菌がはいったり、マイボーム腺(脂がでるところ)が詰まり、炎症をおこしたり化膿したりするのが原因です。
    逆まつげは、まつげが内側を向いてしまい、眼球の表面に触れる状態です。涙の量が多かったり、まぶしがったりする場合は眼科医に御相談ください。成長とともに、まつげが自然に外側を向くようになりますが、思春期ぐらいになっても治らなければ、眼球表面を傷つけることもありますので、その場合は、まつげを外側に向ける手術で治します。

    ページトップへ

  • ストレスの影響

    ストレスの影響

    何かの出来事で心にストレスが加わったとき、それが身体症状として視力低下や視野が狭くなってしまうことがあります。
    例えば、兄弟姉妹が出来て親にかまってもらえないと感じていたり、飼っているペットが死んでしまったときや友達関係のトラブルなどといったことが原因となることがあります。
    ゆっくりとストレスが解決されれば元に戻る場合が多く、早めの治療をおすすめします。

    ページトップへ

  • 川部幹子院長の目の健康教室
  • コスモスコンタクト
当院の予約について
当院は予約なしでも受診できますが、再診の方は予約をお取りすることも可能です。
はじめて受診される方は、直接おこしください。